審査員 Judges

Claude Gamba

Après avoir débuté la danse à sept ans, Claude rentre au conservatoire de Nice à l’age de dix ans. Le travail d’apprentissage de la technique de danse devint alors plus sérieux avec les horaires aménagés.
 

C’est avec l’entrée à l’école de danse de l’Opéra de Paris à treize ans, que sa vocation se confirma: il voulait devenir danseur.

A 15 ans, il intègre l’école de danse de Cannes Rosella Hightower, et durant ces trois années, l’enseignement de Madame Rosella lui ouvre l’esprit sur la danse dans le monde, et également sur ses différentes formes.
 

Après le baccalauréat, il débute comme jeune danseur professionnel, à l’Opéra de Nice en 2000 avec Marc Ribaud. En 2001 Christophe Duveau-Villeger et Gilles Stellardo le préparent à l’audition pour l’Opera de Paris et il intègre le ballet. Mais en 2002 son désir de parcourir la danse dans le monde prend le dessus, et la saison suivante il part danser à l’Opéra de Zürich sous la direction de Heinz Spoerli.

 

see more information

クロード・ガンバ

 

7歳よりバレエを始める。10歳にして、ニースコンセルヴァトワールに入学し、全日制の教育を受け始める。13歳でパリ・オペラ座バレエ学校に入学し、プロのダンサーになることを決意する。15歳でカンヌロゼラハイタワー学校に入学。

2000年に卒業後、マーク・リボ芸術監督ニースオペラ座バレエ団に若手ダンサーとして入団。2001年にクリストフ・デュボービレジェとジル・ステラルドの指導のもと、パリ・オペラ座バレエ団に入団。2002年にアインツ・シュポエリ芸術監督チューリッヒオペラ座バレエ団に入団する。2003年、フレデリック・オリヴィエリ芸術監督ミラノスカラ座バレエ団に入団。2004年にジョンクリストフ・マイオ芸術監督モンテカルロバレエ団に入団。同バレエ団のツアー公演が初の来日となる。2008年、トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団にプリンシパルとして入団。2012年3月、エリック・ヴァン芸術監督ニース・オペラ座バレエ団にソリストとして入団。様々なレパートリーの作品を踊る。

バレエダンサーとして活躍する傍ら、身体の使い方の探究もする。元パリ・オペラ座のスター ウィルフレッド・ピオレ氏とジョン・ギズリックス氏によるバーに頼らないメソッド『バー・フレキシブル』を2000年より学び始める。2014年夏、ピオレ氏とギズリックス氏による福岡での『バー・フレキシブル』のワークショップにアシスタントとして同行・指導する。ラバノーテーション(舞踏譜)の勉学にも励む。

© 2020 KIDC Secretariat

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン