審査員 Judges

Naoko Matsuda

Naoko Matsuda

松田 尚子

小粒でもぴりりと辛い。小さな肉体が持つ並外れた身体性で、時に強靭に、時に繊細に、幅広い世界観を創り出すマルチなダンサー。
2006年、スペインカナリア諸島のThe International Contemporary Dance Festival「11MASDANZA」、杏奈氏振付作品「NOISE-ACT」に出演、グランプリを獲得。
2009年、ソロパフォーマンス「カリソメ」を発表。
プレーヤーとして、様々な舞台に出演する他、クラス展開・自己の作品創りにも力を注ぐ。
最近では鈴木裕美演出「スコット&ゼルダ」、小林香演出「DNA写楽」などミュージカルの振付も手がける。
2015年「DANCE DANCE ASIA」に「BIG4」として、原田薫・YOSHIE・oguriと共に出演。
翌年から同プロジェクトで、Philippin AllstarsのVince Mendoza演出の作品に出演。フィリピン・シンガポール・マレーシア・インドネシアのダンサーと共にジャンルレスな作品を踊り、2017年3月にはベトナム公演・フィリピン公演にも出演。
2017年、自身演出・出演「かりそめ女」を発表。
2018年 12月、第二作「かりそめ女の目」を上演。
2019年 西日本縦断ソロツアー『伝えに行きます。踊りに行きます。』敢行中。
ワークショップとソロパフォーマンスで全国各地を巡っている。

© 2020 KIDC Secretariat

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン