審査員 Judges

Jaehong Park

Jaehong Park is currently the president of Korea Ballet Association and artistic director of Korea International Ballet Competition as well as a professor at the division of Arts in Hansung University. Graduating from Sunhwa Arts School (Ballet, Adrienne Dellas) in 1986, he joined the Universal Ballet and worked as a principal dancer as well as ballet with Adrienne Dellas, Oleg Vinogradov, and many great teachers from Mariinsky Ballet. He danced major roles of classical ballet such as Swan Lake, Don Quixote, Giselle, Sleeping Beauty, Coppelia, La Bayadere, La Sylphide, La Fille Mal Gardée, Raymonda, and etc. Also, he guested on the stage of Mariinsky Ballet and Royal Winnipeg Ballet.
In 1986, he won the 1st place (Minister of Culture Prize) of Korea Dance Association competition and Danseur Noble of Korea Ballet Association in 1998. In 2000, winning the best choreographer award brought him a grant from the Korea Arts Council and choreographed his own repertories such as Under the Waning Moon, This Too Shall Pass Away, Elegy, and etc.   
Since 2004, he has taught at Hansung University in Seoul after achieving doctorate of pedagogy. He also has served as the president of the academic society, the Korean Society of Dance Science, since 2017. As a teacher, he is interested in effective and efficient teaching based on kinesiology and contents knowledge from the perspective of a whole body integrating technique and expression.
Recently, he started his new role as the president of the Korea Ballet Association. The KBA holds Youth Ballet Festival, Seoul Ballet Competition, Bravo Ballet Festival, and K-Ballet World including international gala. As a Jury, Mr. Park has invited to Korea International Ballet Competition, Spoleto International Dance Competition, SCDIBC, Bari IDC in Lecce, and etc.

パク ジェホン

パク・ジェホンは現在、韓国バレエ協会の会長、韓国国際バレエコンペティションの芸術監督、漢城大学校芸術学部の教授を務める。仙和芸術高等学校(バレエ専攻、アドリエンヌ・デラスに師事)を1986年に卒業、ユニバーサルバレエに入団しプリンシパルとして活躍した。アドリエンヌ・デラス、オレグ・ヴィノグラドフなど多くのマリインスキー・バレエの高名な講師より指導を受け、「白鳥の湖」「ドン・キホーテ」「ジゼル」「眠れる森の美女」「コッペリア」「ラ・バヤデール」「ラ・シルフィード」「リーズの結婚」「ライモンダ」などクラシック・バレエのレパートリーは多数で、マリインスキー・バレエやロイヤル・ウィニペグ・バレエにもゲスト出演した経験も持つ。
1986年韓国ダンス協会コンペティションにて1位(文化大臣賞)受賞、1998年には韓国バレエ協会の優秀者賞を受賞。2000年に最優秀振付家賞を受賞したことにより韓国芸術協議会より助成を受けた後は作品の振り付けに精力的に取り組み、「Under the Waning Moon」「This Too Shall Pass Away」「Elegy」などの作品が完成した。
教育学にて博士号を取得後、2004年よりソウルの漢城大学校にて教鞭をとっており、2017年からは学術協会である韓国ダンス科学学会の会長も務める。教師として関心のある分野は、運動機能学と全身の総合的な技術表現という視点からの、より効果的かつ効率的な教授法である。
韓国バレエ協会はユース・バレエ・フェスティバル、ソウル・バレエ・コンペティション、ブラボー・バレエ・フェスティバル、K-Ballet Worldとそのインターナショナル・ガラなどを主催する組織であるが、その会長にパク・ジェホンは最近就任した。また、韓国国際バレエ・コンペティション、スポレート国際ダンスコンペティション、SCDIBC、Bari IDC in Lecceなどで審査員を務める。
 

© 2020 KIDC Secretariat

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン