審査員 Judges

Andrei Orlov
アンドレイ・オルロフ

ロシア・イジェフスク出身。
ロシア国立ウドムルト芸術大学を首席で卒業した後に、ロシア国立チャイコフス キー記念ウドムルトオペラバレエ劇場、バレエカンパニー“Moscow City Ballet”にて数々の舞台に立つ。
Dance Company (アンサンブル・イジェフスク)にてバレエ
マスター、振付家として活動。
2012年に活動の拠点を日本に移す。
数々の公演に出演するかたわら、RBS-studio、東京高等バレエ学校をはじめ、多くのバレエスタジ オ等で舞台振付、パ・ド・ドゥクラス、キャラクターダンス等の指導を行う。
バレエダンサーを対象とした、演技法を学ぶための『スタニスラフスキーシステムワークショップ inTOKYO』を主催。日本の将来有望なバレエダンサーを集め、好評を博す。
ワガノワ・バレエ・アカデミー日本公式パートナー一般社団法人日本ワガノワバレエ協会を設立し代表理事に 就任し、サマーワークショップや正規留学オーディション、バレエ教師の為の再教育プログラムを開催している。
DA PUMPやももクロなど多数の芸能人に振付・指導。自身も振付家として、NHK、東海テレビ、朝日テレビなど数多くのメディアに出演。
現在は日本だけでなく、世界のバレエダンサーとバレエの指導者への教育にも熱心に取り組む。

   
2001年

ロシア国立ウドムルト芸術大学を首席で卒業
教育振付家としてロシア国家芸術学士号を取得


2012年

谷桃子バレエ団に入団
CID UNESCO TOKYOに出演


2016年

シアターXにてロシア民族音楽舞踊アンサンブルGARMOSHKA
冬のコンサート〜ロシアの宝箱〜をプロデュース


2018年

ワガノワ・バレエ・アカデミー主催バレエ教師の復習セミナー履修
ロシア各地の大学から集まった舞踊や芸術関係の教授陣の前でワガノワ教授法のカリキュラムについての論文を発表
留学斡旋IMPRESSARIO合同会社 (impressario.jp) 代表
一般社団法人日本ワガノワバレエ協会を設立し代表理事に就任


2019年

バレエメッセ(バレエコミュニティー)を開催


2020年

ディアナ・ヴィシニョーワ開発財団とContext Studio. Diana Vishnevaオフィシャルパートナー

© 2021KIDC Secretariat

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン